修正申告と更正の請求の違い

永野公認会計士事務所

0798-66-0123

〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F

営業時間/9:30~18:00 定休日/土曜・日曜・祝日

修正申告と更正の請求の違い

お役立ち情報ブログ

2018/12/19 修正申告と更正の請求の違い

こんにちは!

兵庫県西宮市で会計事務所をしております公認会計士・税理士の永野です。

 

今回は、一般的には聞きなれない税務用語の解説として、「修正申告」と「更正の請求」の違いについてお話します。

 

 

修正申告とは?

 

一度提出した申告書を”修正”するので、「修正申告」と言うのか?と思いがちです。

 

申告税額が過少であったとき、または純損失が過大であったときなど、自主的に申告をし直すことを修正申告といいます。

 

分かりやすく言い換えると、本来の税金よりも少なく申告してしまっていた場合=もっと税金を払わないといけない場合ということですね。

 

更正の請求とは?

 

計算ミスなどにより申告税額が過大であったとき、または純損失額が過少であったときは、更正の請求をすることができます。

 

分かりやすく言い換えると、税金を払いすぎていた場合ということですね。

 

なお、更正の請求ができる期間は決まっており、法定申告期限から5年以内であれば、更正の請求をすることができます。

 

 

こんな時は?

 

修正申告、更正の請求の他に、「訂正申告」という方法があります。

 

例えば、一度は確定申告書を提出したものの、間違いに気づき再提出したい場合、確定申告期限内であれば、最後に提出した申告書が有効となりますので、「訂正申告」と朱書きして再提出すれば問題ありません。

 

 

 

電話番号 0798-66-0123
住所 〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F
営業時間 9:30~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日

TOP