領収書がない場合、経費に入れられないのか~クレジット明細を使いましょう~

永野公認会計士事務所

0798-66-0123

〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F

営業時間/9:30~20:00 土日祝も対応可

領収書がない場合、経費に入れられないのか~クレジット明細を使いましょう~

経費になるか?ならないか?

2018/10/17 領収書がない場合、経費に入れられないのか~クレジット明細を使いましょう~

こんにちは!

兵庫県西宮市で会計事務所をしている公認会計士・税理士の永野です。

 

 

今回は、顧問先様等からよく受ける質問で、領収書がない場合は経費に入れられるのか(クレジット払いしている場合)についてお話します。

 

過去のブログで、領収書がなくても出金伝票を使えば大丈夫!という内容をご紹介しましたので、こちらもご覧ください。

領収書がない場合、経費に入れられないのか~出金伝票を使いましょう~

 

 

クレジットで支払ったときに、レシートとは別にクレジット控えももらいますよね?

レシートがあれば、それで事足りますが、もし、レシートやクレジットの控えの両方をもらい忘れた場合や、紛失した場合はどうするか。

 

 

 

毎月、カードの利用明細が送られてくるので、それを領収書の代わりとして使用しても問題ありません

最近は、紙の利用明細は送られてこない場合もあり、ネットで閲覧する方法を採用しているクレジット会社も多いため、ネット上の利用明細を印刷して保管するのでもOKです。

 

 

領収書がなくても、ちゃんと経費として使ったことを証明できる方法であれば、何ら問題ありませんので、あまり神経質に手書きの領収書をもらうことに固執しなくても大丈夫ですよ。

 

「永野公認会計士事務所」では、顧問先様からの様々なお問い合わせに、親身になって対応しております。お客様からのご相談をお待ちしております。

 

 

電話番号 0798-66-0123
住所 〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F
営業時間 9:30~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日

TOP