税理士がアドバイスする青色申告のメリット・デメリット~所得税編~

永野公認会計士事務所

0798-66-0123

〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F

営業時間/9:30~20:00 土日祝も対応可

税理士がアドバイスする青色申告のメリット・デメリット~所得税編~

確定申告

2018/10/10 税理士がアドバイスする青色申告のメリット・デメリット~所得税編~

こんにちは!

兵庫県西宮市で会計事務所をしている公認会計士・税理士の永野です。

 

今回は、青色申告のメリット・デメリット~所得税編~についてお話したいと思います。

 

そもそも、所得税は、納税者が自分自身で収入や経費を帳簿に記載し、それに基づいて所得金額及び所得税の金額を算出する必要のある申告納税制度を採用しています。

 

申告納税制度には、青色申告と白色申告の2つの申告方法があります。

白色申告は、お小遣い帳のようなイメージの単純な帳簿の付け方で構いませんが、青色申告は白色申告に比べ複雑な帳簿の付け方をしなければなりません。

 

ただし、特別控除により節税が可能となることや、赤字が出た場合には、翌年以降3年間の黒字と相殺することのできる繰越控除という制度があるなど、様々な特典があります。

具体的には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

★青色申告のメリット・デメリット★

<メリット>

各種特典があります

・青色申告特別控除(65万円又は10万円)を所得から控除することができます

・青色事業専従者給与額(家族への給与)を必要経費に算入することができます

・赤字が3年間繰り越せます

・各種引当金の繰入

・棚卸資産の評価方法における低価法の採用

・減価償却費の特例(少額減価償却資産・特別償却など)

 

<デメリット>

・期限までに青色申告承認申請を提出しなければなりません

⇒その年の315日(その年の116日以後に新規で業務を開始した場合には、その業務開始日から2ヵ月以内)に、税務署に青色申告承認申請書を提出する必要があります。

 

・帳簿の付け方が複式簿記で行う必要があり、白色申告に比べ複雑かつ面倒です

 

 

上記のようにメリット・デメリットがありますが、節税したい場合や、家族への給与を経費に入れたい場合など、節税の観点、事業経営上の数値の把握のしやすさを考えると、青色申告を採用することを強くオススメします!

 

税務署の無料記帳指導というものを利用してみるのもよし、領収書の整理から帳簿作成、確定申告書の作成・提出までを税理士に丸投げするのもよし、ご自身にあった申告方法をとられてみてはいかがでしょうか?

 

記帳代行はこちらの記事をご参照下さい

 

 

 

自分は青色申告・白色申告のどちらをとったほうがお得なのか?

年間でどの程度節税につながるのか?

税務署へ提出する書類はいつまでに出せばよい?どんな書類をどうやって作成すればよい?

 

このようなご相談があるときは、是非「永野公認会計士事務所」までご連絡下さい。

皆様の様々な疑問に親身になって相談・対応いたします。初回面談は無料で実施しております!

 

 

電話番号 0798-66-0123
住所 〒663-8111 兵庫県西宮市二見町4-12 KT-1ビル4F
営業時間 9:30~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日

TOP